沖縄・宮古島の土地・中古住宅・軍用地の不動産情報を発信中!!  お問合せサイトマップ
⇒ 知らなきゃ損!損!「軍用地」 目次  ⇒ 「軍用地を買って資産作り」嘉手納弾薬庫と嘉手納飛行場の関係

「嘉手納弾薬庫の予備知識」

嘉手納弾薬庫と嘉手納飛行場の関係について

嘉手納の弾薬庫の大半が、原野や山が多く、米軍は使っていないのではないかと言う人がいますが、それは大きな間違いです。

嘉手納の空軍基地は下記の3つの集合体で成り立っております。

1.嘉手納飛行場
※滑走路、修理場、住宅エリア、軍人・軍属の子供達の学校、 スーパーなどの生活エリア等
2.航空燃料を備蓄する、貯油施設
※爆発や事故が起きても影響がないよう海側に施設はあります
3.嘉手納の弾薬庫
※ミサイル、大型爆弾、枯葉剤、スカットガス等

嘉手納基地には軍人・軍属の子供達が多く住んでいて、幼稚園から 大学まであり、一つの大きな町が形成されております。 子供達がいる、そんなところにミサイルや爆弾を置いて、万一事故が起きた場合、とんでもない被害が出ます。

だから米軍は嘉手納弾薬庫には、万一爆弾やガス等の事故が起きても対処出来るように、あれだけ大きな延焼地帯を設けており、嘉手納弾薬庫がなければ、嘉手納飛行場は空軍の軍事基地として機能できません。嘉手納弾薬庫がなくなれば、嘉手納飛行場もなくなるという事なのです。

あなたがアメリカ人だったら、自分の子供たちのそばに危険な爆弾や燃料を置きますか?

 
 
 

リンク・フリー 
 〒901-2133 沖縄県浦添市城間1-8-19-2F
 TEL:098-870-7777 FAX:098-870-7778

fudousan@kamiya-pro.jp
Copyright(C) 2005 Kamiya Produce All Rights Reserved.